レイク審査後の金利

レイク金利

新生銀行グループのカードローン大手、レイク。レイク金利については契約限度額等により、利息が4.5%〜18.0%と設定されているのをご存じだろうか。レイクの金利は契約限度額が多くなるほど安くなる仕組みとなっている。例えば契約限度額200万円以下の契約者に対する借入利率は12.0%〜18.0%(借入残高の最高額により異なる)。それに対して契約限度額500万円の場合、借入利率は4.5%と銀行も顔負けの金利設定となっている。このように契約限度額が大きくなればなるほど金利が低くなる。金利が低ければ元本も返済しやすくなり、同時に長期借入時の負担も小さくなることから、よりお得感が増し、気軽に使いやすくなる仕組みとなっている。

なお、新規契約者については利率の優遇がある、新規契約者に対して契約日の翌日から30日間、借入金に対する利率が0%(無利息)となる。正直なところ、新規借り入れ時には金銭的に余裕がない方が多いと思われることから、無利息は借入時の大きな助けとなるだろう。また、上記と重複適用はできないが、契約限度額200万円以下の契約者については契約日の翌日から180日間、借入額5万円以下の部分について無利息とする制度もある。こちらは小額の借り入れを長期間行う場合に大きなメリットとなると思われる。もちろん、無利息期間終了後は通常の金利が発生する。そのため、しっかりと返済計画を考えた上で無理のない利用を心がけていただきたい。

お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレット端末いずれからでもすぐに審査可能です。

 


レイク詳細・申し込みはコチラ